オランダ:ゴッホ美術館/アムステルダム国立美術館

 ゴッホ美術館↓

f:id:BPM:20210313123744j:plain

館内のフォトスポット

ゴッホ美術館の作品は撮影禁止。

ゴッホの代表作【ひまわり】がある。

ひまわりの作品は7枚程あるらしいが

一番有名なアレ、よく見るアレ。

そこだけ人だかりなので場所はすぐわかったが

欧米の方々の背の高さに負けて辿り着けない。

鑑賞というより目にしたという感じ。 

f:id:BPM:20210313124443j:plain

ゴッホの自筆

館内の壁紙の一部はゴッホが書いた手紙。

全く読めないのにロマンチックだった。

家をこの壁にしたいと思った。

いつの時代も手紙っていいなぁっていう。

弟テオもちゃんと保管してたあたりが素敵。

f:id:BPM:20210313130159j:plain

ビュッフェカフェ

ゴッホ美術館の新館(別館)は日本の建築家

黒川紀章さんが設計したらしい。

ガラスの壁が近代的な雰囲気だった。

前日記事の外観は本館。

本館が四角、別館が丸という感じ。(写真なし)

日本人凄いなぁ〜という浅い感想。

 

アムステルダム国立美術館

f:id:BPM:20210313131926j:plain

エントランス

f:id:BPM:20210313132140j:plain

建物の隙間のラベンダー(かな?)

この部分のことなんて言うのか気になる。

中庭というには狭い気がするし…

花壇?

#この部分の名前知ってる人と繋がりたい

f:id:BPM:20210313132353j:plain

階段から撮影

電気の傘?可愛すぎ。

布っぽいのだが燃えないのかなと心配。

f:id:BPM:20210313132849j:plain

館内の図書館

私の写真では伝わらないが

世界で最も美しい図書館と言われているそう。

ほぼ立ち入り禁止でこの眺めから先はNG。

1階は普通に図書館として利用できるらしい。

f:id:BPM:20210313133555j:plain

ステンドグラス

f:id:BPM:20210313134107j:plain

ゴッホ先生

私がみた中では比較的穏やかな色味の

ゴッホ先生だと思う。

f:id:BPM:20210313134408j:plain

夜警

レンブラントさんのこちらをメインに

行ったのだが何より絵の大きさに驚いた。

f:id:BPM:20210313133751j:plain

夜警

人と比較するとわかりやすいかなと遠目から。

縦3.63m 横4.37mだそう。

絵の大きさは実際に観ないとわからないのね

と教えて頂いた作品。

f:id:BPM:20210313135108j:plain

珍しく笑顔だなと思った絵

どうやら新婚さんらしいです。

f:id:BPM:20210313135210j:plain

デルフト陶器

たくさんの展示品があったがこちらの

なんとも言えないデザインが気になって…

何に使うのかさっぱりわからないし…

f:id:BPM:20210313135642j:plain

ショップ入り口のレゴ

f:id:BPM:20210313135927j:plain

朝のうちにここを撮っておけば

こんなに人がいないのが撮れたのに…

出る頃には晴れるかもなんて欲出すと、これ。

粘ったけど一向に人は減らないので帰。

ほんと、後でねなんていうのはダメと痛感。

 

おまけ①

f:id:BPM:20210313232239j:plain

館内の床

右側切れちゃうあたりね。

人が通らない隙に!で焦った。

フクロウと蜂と鶏とコウモリかな?

何か意味があるかは不明。

 

おまけ②

f:id:BPM:20210313225444j:plain

敷地内で演奏していたイケメン?!三重奏

ヨーロッパの雰囲気を出してくれていた。