アメリカ:メトロポリタン美術館

f:id:BPM:20210415192202j:image

正面から撮らないっていう。

朝一番に行き並んでおいた。

日本人スタッフもいて、日本人観光客もいっぱい。

f:id:BPM:20210415192215j:image

f:id:BPM:20210415192229j:image

f:id:BPM:20210415192245j:image

大陸ごとというか、地域ごとになっていて

例えばアフリカ、アジア、中東等に

エリア分けされて歴史的展示物が飾ってあった。

f:id:BPM:20210415213851j:image

アフリカコーナーの一部。

私は主に絵画を中心にまわることに。

いくつか私的お気に入り作品を。

f:id:BPM:20210415192304j:image

f:id:BPM:20210415192318j:image

No.5と言えば、おシャネル様CHANEL

こちらは全く関係ございませんでした。

f:id:BPM:20210415192333j:image

f:id:BPM:20210415192348j:image

よくじっくり観ていたら何か出てくるかな?

と思い、よくじっくり観たが何も出なかった。

f:id:BPM:20210415214452j:image

f:id:BPM:20210415214504j:image

ピカソ先生はすぐわかっていいね!

The Dreamer

いいタイトルだ。

f:id:BPM:20210415192404j:image

f:id:BPM:20210415192418j:image

前に「手紙を書く女」みたいな名前の作品を

観たことがあってそれと勘違いした笑

こちらは「好奇心」ということで

右側の女の子が主役でした。

手紙を書くのも好きだが

手紙を書いている人を見るのも好きみたい。

f:id:BPM:20210415214421j:image

よし、自由の女神みたぞ!

f:id:BPM:20210415224147j:plain

f:id:BPM:20210415224208j:plain

f:id:BPM:20210415224229j:plain

f:id:BPM:20210415224249j:plain

モネ先生はただただ心を鎮めてくれる。
癒しの最高峰だ。

f:id:BPM:20210415224410j:plain

f:id:BPM:20210415224431j:plain

この碧い色のタイルがとてもタイプだった。

群青色とかターコイズブルーが好き。

六角なのも魅力的。

なんか縁起良さそうでw

f:id:BPM:20210415213910j:plain

可愛い花器(たぶん)

右中段の真ん中がお気に入り。

家にあっても秒で割ってしまいそうなので

こういうところで観るで十分ですな( ´∀`)

クロアチア:ドブロブニクdeご飯

f:id:BPM:20210414163329j:image

アペタイザー的な一皿。

ツナのペーストかと思われる。

頼んでないの出てきたぞとザワついた。

これだけでパンの半分を食べてしまった笑

f:id:BPM:20210414163341j:image

f:id:BPM:20210414163351j:image

タコのマリネとイカのグリル。

ギャルソン君は失笑。

好きなものだけを食べて生きるタイプ。

f:id:BPM:20210414164905j:image

ビールからの白ワインでコーヒー締め。

このパターンを繰り返していた。

カップにどなたかの口紅が(°_°)

私は紅をひかないタイプ。

うん、ヨーロッパだからかな?(°_°)

日本のレストランの洗い場を教えてあげたい。

f:id:BPM:20210414165243j:image

カフェでひと息レアチーズケーキ。

このフォークぶっさし提供に笑った。

落ちない滑らないなるほどね。

元飲食店従業員は細かいことが気になる様子w

f:id:BPM:20210414165513j:image

また頼んでないシステムで食前酒のショット。

クロアチアオリジナルのお酒で

砂糖で造られているそう。

これがまたキョーレツすぎてギョエーと

声が出てしまうぐらい強くて飲めない‼︎

子供の風邪薬のような甘さでアルコールの味w

なんやこれーとかって1人で騒いでいると

スタッフのお姉さん「私は飲まないけどね笑」

f:id:BPM:20210414165720j:image

クロアチアはマグロが特産で有名なのだが

生ではなくマグロステーキで頂くのが一般的。

どこで食べても同じようかと思いきや

こちらはチーズソースで頂くスタイル。

濃厚…すぎるぐらい濃厚でお酒が進んでしまう!

基本的にメニューに写真がないし

まともな英語が話せないので

食べたいものを単語で言うと

あとはオートマティックになる。

f:id:BPM:20210414170006j:image

デザートはロールケーキ。

コーヒーを頼むと出てくるのか

デザートまでがマグロのセットなのか謎。

出されたものは有り難く頂くタイプ。

f:id:BPM:20210414170436j:image

アペタイザー的な。

これもツナのペーストかと思われる。

トマト味だった。

f:id:BPM:20210414170144j:image

このパスタが人生最高の逸品。

平打ちパスタで魚介の出汁を吸いまくってて

本当に最高に美味しかった。

美味しすぎてずっと独り言‼︎

このパスタ超えるパスタに出会えそうにない。

器の色も形もど真ん中で頬ずりしてしまいそうに。

f:id:BPM:20210414170749j:image

こちらのデザートはプリン。

これがまた濃厚で美味しすぎて…

ほぼ泣いてましたね。

うん、このお店ではほぼ泣いてましたね。

f:id:BPM:20210414170909j:image

陽が沈むとテーブルランプを付けてくれる。

なんだかこの日は幸せすぎてそのまま

永遠の眠りにつきたい気持ちになっていた。

もう嫌なことなんて起こらない

もう悲しいことも起こらない

今が幸せなのでここで人生終わりにしたい。

日常なんていらないの。

そんな気持ち笑

f:id:BPM:20210414171501j:image

空港でコーヒー。

カップが可愛くて。

f:id:BPM:20210414171535j:image

確認だけど、この国ってカップ洗ってるよね?

という気持ちにはなった笑

 

帰国後、成田空港に着くやいなや仕事やら何やら

余韻に浸る間もなくてんやわんやになり

なぜクロアチアで永遠に眠れなかったのだろう

と白目でつぶやいた( ˙-˙ )

日本:大阪

自分の先祖に大阪人がいたのではないか

と親戚に聞いたことがあるほど

大阪には強い縁を感じている。

大阪人はいなかったが父方の祖父母は

戦後大阪から引き上げる船で出逢ったらしい。

(船でも乗るかな…)

若い頃から何度も訪れている大阪。

一度も嫌な思いというのをしたことがなく

駅、コンビニ、デパート、たこ焼き屋さん

どこに行っても最高の人々にしか会ったことない。

今のところ日本で一番好きな場所だ。

漠然といつか大阪に住むかもしれない

という気さえしている。

そんな私の大阪ナンバーワンスポットが

住吉大社】である。

f:id:BPM:20210413224923j:plain

f:id:BPM:20210413225024j:plain

通称チンチン電車阪堺電車

これに乗りたくて新大阪から天王寺に行く。

f:id:BPM:20210413225221j:plain

鳥居をくぐったらこの太鼓橋を渡る。

階段っていうより足をひっかけるような感じで

幅がないのでヒールで行くと結構大変。

f:id:BPM:20210413225520j:plain

f:id:BPM:20210413225543j:plain

f:id:BPM:20210413225621j:plain

広い敷地で第一本宮から第四本宮まであり

その他にも結婚式をする場所があったり

武道館と呼ばれる建物があったりする。

f:id:BPM:20210413225941j:plain

f:id:BPM:20210413230003j:plain

f:id:BPM:20210413230457j:plain

毎年初詣には数万人が参拝に訪れるらしい。

 

そういえば6年ぐらい前に梅田近辺に行った時

とあるデパートのショップで買い物をしていたら

店員さんにどちらからいらしたんですか?と

聞かれ驚いた。

特別珍しいショップでもないし

リュックも背負ってないし

なんにも話してないのに

なぜ大阪人じゃないとバレたんやとw

そんなに田舎者丸出しだったのかしら

という話を沖縄の友人にしたところ

観光地で働いているとだいたいわかる。

のだそうだ。

彼女は修学旅行生なら顔見ただけで

都道府県までわかるらしい。

すごい才能だ‼︎

ここ最近の大阪のニュースには心配せずに

いられない状況だが

この騒ぎが終わったら真っ先に行きたい場所。

クロアチア:山の上から世界遺産

f:id:BPM:20210411224414j:image

1時間待ちでロープウェイに。

f:id:BPM:20210411224506j:image

ロープウェイの中から。

f:id:BPM:20210411224547j:image

そして山の上よりこの眺望。

f:id:BPM:20210411224619j:image

ズームで画質悪め。

f:id:BPM:20210411224707j:image

右側にold city左側は山。

f:id:BPM:20210411224820j:image

山の上のモニュメント。

f:id:BPM:20210411224840j:image

寄りの画。

f:id:BPM:20210411224920j:image

迫り来る雨。

f:id:BPM:20210411225321j:plain

帰りはこういう道を歩いて下山。

ロープウェイでも降りられる。

f:id:BPM:20210411225449j:plain

なんだか不穏な雰囲気。

f:id:BPM:20210411225522j:plain

台風でも来たんかな。

まさか戦の爪痕かな…

f:id:BPM:20210411225608j:plain

そして道に迷ったっぽい私…。

暗くなる景色。

時折、車が通るものの人がいない。

さっきまで数人いたのに…

グーグル先生の通りに歩いたはずなのに…

引き返そうか突き進むか迷っていると

一台の車が止まってくれた。

中年男性がどこに行くんだ?と聞いてくれ

old cityに行きたいと伝えると乗れよと。

タクシーなの?と聞くとそうだとのこと。

現金ないんやけど…

構わんから乗れと。

運転手:なんでこんなところ歩いてんだよ。

私:私もしや迷子ですか?

運転手:そうだよ。完全に迷子だと思うよ。

私:オーマイガー。

運転手:ところでどこから来たんだ?

私:日本だよ。

運転手:おー日本か!日本人好きなんだよ!

私:まじすか。

運転手:ホテルはどこ?

私:アドリアティックってわかる?

運転手:あー知ってるよ。送ろうか?

私:いや旧市街で買い物したいんよ。

運転手:OK、ところでshiatsuって知ってる?

私:はい?指圧?指でツボ押すやつ?

運転手:そうそう。

私:なんでそんなの知ってんのよw

運転手:前に日本人にやってもらったんだ。

私:そうなんだ。

運転手:君できる?

私:できるわけない。あれ資格が必要なんだよ。

運転手:いや、そんな難しいのじゃないよ。

私:資格ない人がやると体おかしくなるよ。

運転手:簡単なマッサージみたいなやつ。

私:手が小さいからできないよ。

運転手:君のホテル行くから試して。

私:何言ってるかわかんない笑

この辺でザワつき始める私の心。

いくらバカでも変な空気は察する私。

つまりそういうお誘いだったらしい。

以前、日本人女性と関係をもったらしく

素晴らしい思い出だそうだ。

知らんがな‼︎

やばい。

ホテルばらしちまった!!!

私はどこまで歩いて行ってしまったのか

一向に旧市街が見えてこない。

むしろ旧市街に向かってるのか疑問になってくる。

私はしばらくわからないふりをして

怒らせないように、話をはぐらかしながら

無事にこの車から降りる方法をぐるぐる考える。

ドラム缶に入れられる自分まで想像した。

が、ちゃんと旧市街に着いた。

しかし日本円で700円ぐらいしかなかった。

30分は走った気がする。

やばすぎる…

これしかない…というと

意外にあっさり、それでいいと言ってくれ

開放してくれた。

助かった。

神様に最大級の感謝を申し上げた。

後にも先にもこんなことがあったのはこれっきり。

絶対タクシーじゃなかったな😂

ちょっと怖かったけど助かったのでまぁ良し◎

思い返すとカフェのおじさんとかに

可愛いねとか言われてたことを思い出し…

日本人、クロアチアでおじさんにモテます笑

 

最近観た映画たち

f:id:BPM:20210410133931j:image

予備知識ゼロで観たのだが…

どうしよう…

全然騙されなかった…

それとも全く理解できなかったのか?

冒頭でオチがなんとなくわかってしまい…

まさかあの人出てこないよね?なんて思ったら

出てきちゃうんだから笑った。

めくるめく展開でテンポもよく

みなさんおさまるところにおさまって◎

邦画観たのたぶん5年ぶり。

ましてお金出して観たの10年ぐらいぶり。

安定の大泉洋でよかった。

それにしても木村佳乃の首の長さ?

顔の小ささ?には見惚れた。

ただ斎藤工の無駄遣いにはご立腹した笑

 

f:id:BPM:20210410134328j:image

あちこちで称賛されている分、期待値も高かった。

期待以上だった。

フランシス・マクドーマンドの美しさに泣いた。

粗野で美しいっていう謎の存在。

手放さざるを得なくなること

手放したくなること

手放そうと決めること

どんな風に生きてても逃れられないこと

どんな人生でも美しいってこと

ノマドに憧れるのは結局ぬくい箱の中で

守られているからなのかもしれない。

 

f:id:BPM:20210410145151j:image

家の中が寒かったので数ヶ月ぶりに散歩へ。

が、外も風がめちゃくちゃ冷たく寒い!

速攻退散!笑

しかし、自宅近くの木々に覆われていた場所が

バッサリ伐採されていて、向こうの向こうまで

見渡せるようになっていた…

いつの間に…

f:id:BPM:20210410223442j:image

待ち焦がれた春は短い。

オランダ:クレラー・ミュラー美術館の作品

f:id:BPM:20210408182105j:plain

クレラー・ミュラー美術館

oとuの上の点々が可愛いのだが

オランダ語だと発音違うのかな…

f:id:BPM:20210408182146j:plain

館内ロゴ

めちゃくちゃ気に入ってアイコン使用中。

The true artist helps the world

by revealing mystic truths.

この美術館の最高なところは作品が近い!

匂いまで嗅げそうだ。

そして狭い、空いている、静か。

じっくりゆっくりできるのだ。

世界で2番目⁈にゴッホ先生の作品があるらしい。

なのでゴッホ先生をサクッと↓

f:id:BPM:20210408183247j:plain

夜のカフェテラス

なんといってもこれを観に行った。

お星様がお花みたいで可愛い。

f:id:BPM:20210408183404j:plain

星月夜の糸杉のある道

ゴッホは糸杉に心惹かれていたらしい。

f:id:BPM:20210408183522j:plain

ジョセフ・ルーランの肖像

好意的だなと。

この立派なお髭とバックのポップなお花が…

似合わせているのが面白いなと笑

f:id:BPM:20210408183920j:plain

恋する人(ミリエ少尉の肖像)

ミリエはモテ男だったらしい。

ゴッホは女性と付き合うのが苦手だったらしく

彼のことを羨ましく思っていたそう。

f:id:BPM:20210408184429j:plain

草原の花とバラのある静物

これめちゃくちゃ色が綺麗でしたね。

お花のチョイスもなんか好き。

f:id:BPM:20210408184824j:plain

4本のひまわり

ひまわりはひまわりでも

こちらはなんだか悲壮感がありましたね…

f:id:BPM:20210408185147j:plain

3つの鳥の巣のある静物

く…黒すぎて…

闇…深いな…と。

鳥の巣ってわからなかったですね笑

f:id:BPM:20210408190311j:plain

ムーラン・ド・ラ・ギャレット

モンマルトルにあったダンスホールだそう。

オランダの風車かと思ったら全然違った笑

f:id:BPM:20210408190939j:plain

池に続く小道

こちらはポール・セザンヌさん。

どうやら私は小道が好きなようです。

f:id:BPM:20210408191433j:plain

バシンクールの眺め

帰りしな綺麗だなとおさめた一枚。

CAMILLE PISSARRO

という名前を検索しようと

カミール・ピサッロと打ち込む。

そんな人はおりません。

カミーユピサロでございましたm(_ _)m

私の英語力こんな感じです٩( ᐛ )و

small talk

眞子さまがご結婚を先延ばしにされて随分経つ。

税金云々言う人もいるがどうせマスク2枚なんだし

若い2人の門出ならいいんじゃないの?

と個人的には思っていた。

ところが先日トヨタの章男氏のご長男が結婚した。

その記事のヤフコメが凄い数になっていたので

気になって読んでみると…

章男氏の奥様は三井物産元副社長の御令嬢…

章男氏の父上の奥様も三井本家の御令嬢…

その父上も高島屋創業家の御令嬢…

財閥の御令嬢ですって!!!

そんでこのご長男の奥様も幼稚舎から学習院

タカラジェンヌの御令嬢だそう。

タカラジェンヌ史上最高の玉の輿

いや分相応な結婚だという意見が飛び交っていた。

このご長男は御曹司という名で呼ばれ…

なるほど、リアル道明寺ね。

こんな世界、現実にあるのね(°_°)とあんぐり。

そんな中

眞子さまのお相手もこういう家柄だったら

みんな祝福しただろう

てな感じのコメントを見つけ

なるほどねーーーーーーっ!!!

確かに眞子さまは御令嬢の最高峰だわ。

そのお相手の母ちゃんが…

母ちゃんって呼び名が似合う風貌もさることながら

オトコ転がしてお金引っ張って生きてきたような

お方では全く釣り合わないってことね?!

まして未来の天皇の義兄とその母になるかもと…

いやいやいや。

シングルマザーで頭の良い息子持ったら…ねぇ?

何としてでも💪って気持ちもわかるけどな…

眞子さまっていう最高峰はやりすぎなんかな…

御令嬢も大変だ。

それにしてもトヨタ一家ってどんな生活なんやろ。

御曹司が御曹司のまま見事に育つってすごいわ。

だいたい三◯佳子の次男みたいになると思ってた。

いや逆か。

普通は御曹司は御曹司のままに…育つん…です?

学習院とやらに体験入学してみたいけど

髪の毛の毛先すら入れてもらえないだろう。

刑務所5年体験の方がまだ現実的だ。

f:id:BPM:20210406231437j:plain

グレープフルーツを素敵な器に盛るお家柄のMrs.incredible

こういうどうでもいい話をどうでもいい感じで

話したり聞いたりするのが好きなのだが

実際に話してみると何であんな話したんだ⁈

みたいな自己嫌悪になることがままある。

そんなことをぼんやり考えていると

こういう記事に出会って身につまされた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f49e2fe757059526bd6f7f66f423ca29bceab83c

なんだか日々こうして自分への言い訳を

探して生きている気がします(`・∀・´)